Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

生き方

飽きっぽい人へ

投稿日:

こんにちは、かりんです。

あなたは飽きっぽいですか?これを読んでいる時点で、きっとそうなのでしょう。

ワタシは子どもの頃から飽きっぽくて、一つのことをコツコツ続けることが出来ませんでした。いわゆる熱しやすくて冷めやすい、直情型の人間です。

スポンサーリンク




小説でも漫画でも好きな作家は飽きるまで読みまくるし、高校時代はチャップリン50年代古き良きアメリカ映画に思いをはせ、90年代は「アメリカ横断ウルトラクイズ」植木等にハマった。

たった数か月間だが、恋焦がれた有名人は数知れず。

東儀秀樹の貴族的な美しさに見惚れ、映画「ピンポン」で新(アラタ)のサラサラヘアに夢中になった。森山未來への気持ちは徐々にアツくなった気がする。スピッツの草野マサムネの変わらぬ少年ぽさと素朴な歌声に癒されてみたり、最近では「あいのり」で人気を博したシャイボーイの純情に涙した。

数年前は遅まきながらも「スラムダンク」「黒子のバスケ」をそれぞれ一週間で読み切り、バスケに捧げる主人公たちの熱き青春を思い出して独り余韻に浸っていた。

「好き」に対する基準がバラバラで、花火のように一瞬で飛び散る「好き」のせいか、家族は「ああ、また始まったか...。」とあきれ顔。

 

若い頃は「飽きっぽい性格」がイヤで、この性質を直したいと思っていました。しかし、「飽きっぽいワタシでも。新鮮さを保ちながら続けるコツ」が見えてきたのでまとめます。

 

「飽きっぽさ」を欠点として捉えるのではなく、違った角度から見てみると「長続きする」ヒントを得られるのではないでしょうか。

 

飽きっぽい人は、変化が好きな人。

飽きっぽい人は、新しいモノ好き。

流行にも敏感で情報収集が得意。けれども、ある程度の知識や情報を集めたり、技能を習得するとパタッと気が済んでしまい、スパッと飽きてしまうのです。

熱が冷めたあとは、やる気がるるるるる....と萎んじゃう。

 

では、やる気を維持するにはどうすれば良いか?

答えは簡単です。

「好きなこと」「長続きさせたい趣味や仕事」に変化を与え、定期的に新鮮な風を入れてあげれば良いのです。

次からは実体験を具体的に話していきますね。

学生時代は部活に挫折したワタシが、大人バレエにコツコツ15年間通えた訳は?

バレエのレッスンは、ハッキリいってキツイです。

柔軟は身体がミシミシきしむし、大人になってハーハー息切れしながら飛んだり跳ねたり、はたまたトウシューズを履き全体重をつま先にあずけて片足立ちで踊るなんて「拷問か?!」と思っちゃいますよね。

そんな苦しいこと、高いお月謝を払ってまで続けるのは何故???

 

答えは、身体の変化が嬉しいから。

成長期の子供ではなく、たとえ中年オンナでも身体が改造できるのです!

ガチガチだった身体が少しずつ柔軟性を取り戻し、タプタプのお腹が引き締まり、「姿勢が綺麗だね!」と褒められるようになる。

練習を定期的に行うことで、今まで気づかなかった「筋肉の変化」を実感し、動かなかった身体が少しずつ「自由に動けるようになる」。

大人になっても、少しずつ成長できる!変化できる!という新鮮さが、飽きっぽいワタシでも長続きできたのではと思います。

 

バレエに関わらず、筋トレや他のスポーツでも「身体の変化」が嬉しくなり、習慣化して運動が継続するのではないでしょうか。

 

飽きっぽいひとは、1つでも「長続きした!」という成功体験を作ると、他でも長続きしやすくなる

バレエのレッスンを15年間休まずコツコツ取り組めたことは、ワタシの人生の中で「長続きした!」という成功体験の1つです。

 

そして1つでも物事を長続きできた人は、次からは「気負わずに物事を長続きできるコツ」を自然と会得できるような気がします。

 

次からは、実体験を踏まえて「長続きのコツ」を考えていきたいと思います。

 

長続きのコツは、ゼロイチで考えない!

  • 完璧主義者にならないこと。
  • 目標設定をはじめから上げすぎないこと。
  • できなかった日があっても自分を責めずに、実行できた日を評価してあげること。
  • 変化や新鮮な発見を見つけて、愉しみをみつけること。
  • 生活環境の変化は、挫折しやすい危険ゾーン。環境変化に合わせて、やるべきプランも柔軟に変更してみては?

 

計画通りに進まなかったからといって、今まで続けてきたモノを放り出すのは勿体ない!

計画通りできる日もあれば、疲れちゃってできない日が何日も続いても良いのです。

長い年月の中のたった1週間や10日なんて些細な時間。頑張れる時期は集中してガシガシ取り組めば良いし、他で忙しくなったり疲れてやる気がなくなっちゃった時は、緩めに続ければOK。

 

飽きっぽい人は、全てを長続きさせようと思わなくてもOK!

移り気気質は、直すのが難しいし、直す必要はないと思っています。

飽きっぽい人は、次から次へと新しいことへ挑戦する行動力があります。

 

常に新しいモノ・コトを追うハンター気質を満足させるよう、「この部分は長続きさせなくてもOk!」とか「気分しだいで止めるのもOK!」な領域があってもよいのではないでしょうか。

つまり「この趣味や仕事は、長続きさせたい」が、「それ以外は気ままにやろう」と領分を分けておくと気持ちがラクになるはず。

 

ワタシの「それ以外は気ままにやろう」の領分は、例えば日常生活で好きになるヒト・モノ・食・映画(動画)・本・美容・運動・語学など。その日の気分で好きなモノを選ぶ自由はとってもラク。

 

15年以上続いている児童英語講師は無理をせず、働き方を変えてきたから

児童英語講師はフランチャイズ教室を運営して6年、非常勤講師になって10年目になります。

フランチャイズ教室を辞めてから、同じ会社の他部署で働き方を変えて勤務しています。非常勤講師なので、生活環境の変化に合わせてクラス数や曜日を年度ごとに見直せるところがお気に入り。

 

無理をするとココロと身体が辛くなるので、その時の状態に合わせて「働き方」を変え長く働けると幸せですね。

さらに子どもは常に「変化」しつづけるので、飽きっぽいワタシでも「新鮮な発見」があるのでマンネリ化を防げるのです。

 

飽きっぽい人は、「変化」のある趣味や仕事をすれば長続きするのでは?

現在ワタシが継続できている趣味や仕事は「児童英語講師16年目」「ボランティアガイド4年目」「ブログ5年目」「ホットヨガ5年目」です。(2018年6月現在)

 

ボランティアガイドは、月イチ程度でゆるくやっていますが、「一期一会」「ガイド―ルートをイチから作る」などの変化が新鮮で、全く飽きません。

英語が話せるあらゆる国の、様々な年代のゲストさんと異国の情報交換をしたり、ジョークを言いながら気楽に東京観光ができるのが何より新鮮ですね。

 

ブログは、このブログが2つめ。ブログ飯をしていないので、熱心ではないけれど「書きたいときに書く!」をモットーに現在は続けています。書くことで「ストレス発散」「アタマの整理」ができます。

 

ホットヨガは、はじめの2年間はバレエと並行してガンガン通っていましたが、現在は月4~6回ペースでゆるめ継続。

ボディの肌質がツルツルに変化し、この程度の運動でもウエストはバレエ時代とさほど変わらないのは、ヨガでひねるポーズが多いからかも。

むくんだ時に速攻でスッキリする、ココロが疲れた時に速攻で平静に戻れる、アイディアが枯渇した時に瞑想して発想力をUPさせたり...と、ヨガはワタシにとっての「総合的なサロン(ココロ・カラダ・アタマ)」の役割を担っています。

 

つねに新しいことを探しているので、今年からライターで月1本書くことも始めました!

ライターは、企画、取材依頼~取材、撮影、執筆までを任され、その都度に優秀な編集さんがアドバイスや校正をしてくれます。

労力と時間がかかり、苦労と緊張の連続ですが「ワクワク」する発見や学びが多いので、しばらく続けていきたいですね。

この会社では10本記事を書くと、その会社のライター名刺が頂けるので「名刺が貰えるまで記事を書くぞ!」という目標ができました。

 

飽きっぽい人でも工夫次第で長続きできる

飽きっぽい人は、変化を楽しめるようなモノと相性が良いので、そういうものを選んで続けてみてはいかがでしょうか?

 

例えば、「カラダやココロの変化」「対象者の変化」「新鮮な経験、ワクワク感」などが実感できる趣味や仕事が相性が良い。

それ以外でも、「一緒に切磋琢磨できる仲間やライバル」がいると、励みになるので続きやすい。

 

「あれ、何だか飽きちゃったな~。」「何となく止めてしまった」というケースが多い人は、自分自身が飽きないよう変化を愉しむ工夫をしてみてると、自然と長続きするかもしれません。

 

スポンサーリンク












-生き方
-,

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.