Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

映画、本、雑誌のレビュー

バチェラージャパンからみるハイスペック男性の射止めかた

投稿日:

こんにちは、かりんです。

Amazonプライムで人気沸騰中の「バチェラージャパン」はご覧になりましたか?

「バチェラージャパン」を知らない人のために、雑に説明すると

元々アメリカで人気の、独身女性が結婚したくなるようなイケメンセレブを巡って多数の独身美女が競う番組です。

  • アメリカ版は観たことがないのですが、日本版は多少スケールダウンしているようです。
  • 現在日本版「バチェラージャパン」は、Amazonプライムでシーズン2まで放映中です。(2018.6現在)
  • 「バチェラージャパン1」は25人のほぼ芸能関係の美女たちが、東大大学院卒・起業家のイケメン久保氏を射止めるまで豪華なデートを繰り返します。
  • 「バチェラージャパン2」では20人の美女たちがサイバーエージェント幹部のお坊ちゃま小柳津氏を射止めるため、グループデートや単独デートで小柳津氏に選別されていきます。
  • 各エピソードで、バチェラー(イケメン・ハイスペック独身男性)が1人または複数の独身女性を脱落させて、双方の親とも対面し最終的に1名の伴侶に相応しい女性を選び抜く、ハイスペック婚活バトル番組です。

この記事はゆるいネタバレがありますので、お気をつけください。

スポンサーリンク




バチェラージャパンは番組を面白くするために、完全なるノンフィクションとは言えないでしょう。ですので、出演女性の態度やバチェラーの選択には、ある程度の演出があるのは否定できません。けれでも、そういったものを差し引いても、モテるハイスペック男性を射止めるのに必要な要素をこの番組から学習できるのでは???と思い記事にしてみました。

 

多くの女性の中からバチェラーに選ばれる最初の関門は、やっぱりルックスの好み。

バチェラージャパンは独身女性20人~25人からスタートします。1人のモテるハイスペック男性をめぐり、彼に目をつけてもらうには最初はやはり外見のようです。

可愛い系かキレイ系か?

馬面(面長な輪郭の美人系)か小動物系か(小顔のカワイイ系)は、バチェラーの好みが分かれるようですね。男性は第一印象でほぼ決めてしまうのかな~とも思いました。ちなみに第一シーズンは馬顔も最終審査で数名残っていたけど、第二シーズンではほぼ小動物系で馬顔は初期段階で脱落。

男性に印象づけるのは、「言葉」よりも「目」や「表情」「ドキッとするしぐさ」で訴えよう!

男性に印象づけるには、「わたしはこういう人間です!」と言葉でアピールするよりも、可愛らしいしぐさや瞳で伝える何気ないしぐさで色気を出す予測不能な可愛いリアクションをするなど視覚的に訴えてドキッとさせることが効果的なようです。

第一シーズンでは、決して積極的ではない蒼川愛ちゃんが瞳で語るという高等テクニックで、バチェラーをメロメロにしました。また、ぶりっこ「あゆちゃん」も、アヒル口でバチェラーに可愛さをアピールしていましたね。

逆に第二シーズンでは、「あずあず」がしっかり者アピールのためか「私は意外と貯金をしているんです!」とバチェラーに伝えたけど、全く響かなかったようです...

 

バチェラーを射止めるには、自分のことを喋りすぎないことがたいせつ

モテる男性を射止めるには、自分語りをしない方がミステリアスを演出でき魅力的に映るようです。

第二シーズンのバチェラーは特に女性を追いたいタイプなので、何を考えているのか分からないミステリアスな子に惹かれたようです。

また芯の強さをアピールするには...

「私はしっかり者です」という直接的なことばよりも、「学生時代は○○に一生懸命取り組んでいました。」と伝える方が効果的。

 

また自分に不利なることは、バチェラーとの関係性が固まるまで敢えて伝えないというずる賢さも必要かもしれません。

たとえバチェラーから過去の男性関係を聞かれても、上手く言葉をかわして元カレ話に乗らない女性の方が、最終的には勝ち進むことができそうです。

シーズン1では「あゆちゃん」が、元カレとの深いキズナを告白して脱落しました。

 

バチェラーを射止めるためには、「セルフプロデュース=いかに自分を実際よりも良く見せるか?」が重要です。

お相手に自分の「有能さ」「芯の強さ」「魅力」をそれとなく匂わせ、無駄なことは喋らずツマラナイ女性だと悟られないことが大切なのかもしれませんね。

かりん猫
皮肉なことに女性が自分の魅力をアピールして話せば話すほど、男性はその女性に興味を失っていくものです😢

 

男女から好かれる人気キャラは、ナンバーワンにはなれないのが現実

バチェラーのようにモテるハイスペック男性を射止めるには、いい人すぎても難しそう。

男女から皆に愛される人気者は、バチェラーにとって女性として好かれるというよりは、「包容力のある母親のような存在」や「場を盛り上げてくれるために必要な人」以上にはなれないのかもしれません。だっていい人すぎるから。

バチェラーに選ばれる女性は、必ずしも女性から好かれるタイプではないのかも。シーズン1では、現に女性に好かれない(あざといと思われる)典型的なタイプが選ばれましたから。

 

バチェラータイプの男性を射止めるには、自分から追いかけてはいけない?!

ひと昔前に流行った恋愛指南書「ルールズ」はご存知ですか?

嚙み砕いていえば、女性が意中の男性を射止めるためのルールが詰まったアメリカの恋愛指南書です。

作中では、男性には追いかけ本能が宿っているので、女性からは男性を誘ってはいけない!常に男性が思わず追いかけてしまうように仕向ける手順が書かれています。

 

そしてバチェラー1、2でも、男性を追わせるような女性が優勢のようです。モテる男性には、未だに「ルールズ」作戦が有効なのかもしれませんね。

スポンサーリンク












-映画、本、雑誌のレビュー
-

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.