Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

クラシック音楽&ライブ鑑賞 読書と音楽

気品溢れるヴァイオリニスト、小林倫子氏 待望のリサイタル~2017年11月26日@オペラシティ~

投稿日:

小林倫子氏ヴァイオリン・リサイタル@オペラシティのコンサート記録です。

 

小林倫子氏ヴァイオリン・リサイタル@オペラシティ 2017年11月26日 

ピアノ:日下知奈

曲目

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ26番 k.302

ヴォーン・ウィリアムズ 揚げひばり 

バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番

シューマン ヴァイオリン・ソナタ第2番

 〈アンコール〉

ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲

リンデン・リー

 

 

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ26番 k.302

モーツァルトは二人にとって肩慣らしといった感じですが、単純なフォルムを如何に聴かせるか、手腕が問われるでしょう。いい滑り出しだったと思います。

 

ヴォーン・ウィリアムズ 揚げひばり

「揚げひばり」はラ・フォルジュルネでも披露されましたが、既に確固たる重要なレパートリーになっています。伸びやかな芯のある高音が冴えわたり、過度に叙情的でない品位を感じさせるものでした。

 

バッハ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番

バッハはリズム・和音とメロディーを如何に処理するかで、曲の印象は様変わりします。メロディー主体でなかったのは確かで、落ち着きをもって曲の重層構造に挑んでいたと思います。わかり易い演奏ではなかったかもしれませんが、バッハの原風景は捉えていたと思います。

 

シューマン ヴァイオリン・ソナタ第2番

シューマンは立派で貫禄ある演奏でした。落ち着いて慌てず、曲の魅力を最大限に出していたと思います。一楽章の情緒的主題に力を込めすぎると、後が続かず、スケルツォ風の2楽章辺りで曲の力に負けてしまいます。小林さんは曲自体を俯瞰する高い視野に立ち、落ち着きをもって音楽に向き合いつづけ、最後までへたれることはありませんでした。

知的で端正な落ち着きに貫かれた演奏会だったと思います。

 

【執筆者:徹】

スポンサーリンク












-クラシック音楽&ライブ鑑賞, 読書と音楽
-

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.