Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

観光ボランティアガイド

Today's ミッション!ビーガンの外国人を東京案内せよ‼東京・ビーガン&ベジタリアンのお店(浅草・新宿・原宿編)

更新日:

こんにちは、かりんです。このたび、二カ月ぶりに東京観光・ボランティアガイドへ行ってきます。

そして今回のゲストさんは、ビーガンです!!!食事制限のあるゲストさんは、いつもよりも気を遣いますね💦

 

ここ数年、外国人観光客が増えているため、ハラルレストランやベジタリアン、ビーガン向けのメニューのあるレストランが都内に続々と増えてきて、様々なお店のチョイスができるようになったのは、嬉しいかぎりですね(*''▽'')

 

そこで今日のテーマは、『ビーガン&ベジタリアンの外国人観光客を案内したい、東京ランチガイド(浅草・新宿・原宿編)』です🍅

 

沢山のお店からどれを選べば良いか、迷っちゃうわん♬

という人のために、観光スポットから立ち寄れるお店を地域別にまとめてみました🍴この記事をガイドブックのように、使ってみてくださいな。

 

 

そもそも、ビーガンの知識からザックリ学んでみましょうか。

ビーガンとは何か?

 

ビーガンとは はてなキーワードより

(英)vegan。

絶対菜食主義者・純粋菜食主義者。肉や魚だけでなく、卵や乳製品も一切口にしない。さらに、洋服、靴や鞄などにおいても、毛皮および皮革、ウール、シルクなど動物を使用した製品の一切を拒む人々もいる。代用品として、アクリル、綿、麻、レーヨン、ポリエステルなどが用いられる。

 

 

ビーガンとベジタリアンの違いは?

ビーガンは、野菜中心の食事。肉や魚、卵や乳製品も摂らない。

一方、ベジタリアン野菜中心の食事。肉や魚を摂らないが、卵や乳製品はOK。

 

さらにロービーガン (Raw Vegan)は、火を通さない生菜食、未加工の食物のみを接種する。生肉も食べる人々はローフーディストと呼ばれる。

はてなキーワードより

 

 

東京 ビーガンレストランへ行こう

ガイドをしていると、予定調和に行かないもの。

ランチ場所を決めていても、ゲストさんが『まだお腹空いていない。。。』と言えば、無理やり決めた場所へ強制連行するわけにもいかず、次の観光地へGO!

でもって、予定外の場所で『お昼はまだ?お腹すいたあー!』とのゲストさんの掛け声で、『へっつ?!ココでそのセリフ言うんですか?!』と、焦ることしばし...(;´Д`)

そのゲストさんが、特別な食事制限がある場合は、各地域に『ココ!』というお店をストックしておけば、いざという時に安心ですね(*''▽'')

 

今日は、そんな『ビーガン向けレストラン』をまとめて、いざという時に余裕でご案内できるように準備していきましょー。

 

 

浅草のビーガン&ベジタリアン レストラン

 

初めて日本を訪れる外国人観光客のテッパン・スポットは、やっぱり浅草寺・仲見世商店街でしょう。

吾妻橋から眺める隅田川、東京スカイツリー、そして黄金のモニュメント「アサヒフレーム」。浅草観光案内所の展望台から、浅草の全景とスカイツリーを見せて、その後仲見世商店街、浅草寺へと向かう。

雷門撮影は、観光客なら100%外せないでしょう。

仲見世をそれると、下町情緒たっぷりの伝法院通りがあり、小休憩やちょっとしたお買い物にも楽しい。ちょっと足を伸ばして、花やしき遊園地、浅草演芸ホールを抜けて、歩き続けると、アメリカ人に大人気の『かっぱ橋道具街』もある。ここで、食品サンプルを見て歩くのもオススメです。

 

 

浅草観光の途中で、ビーガン&ベジタリアン  ランチができるお店は?!

 

Sekai Cafe(浅草店)

  • アクセス:浅草駅から徒歩5分 雷門から徒歩30秒の好立地。雷門から仲見世通りを50m進んで左折。青緑色の看板が目印。
  • 営業時間:日~木 10:30~20:00、金~土(祝前日)10:30~22:00、座席20席。
  • メニュー:ハラール認証取得、ベジタリアン・ヴィーガンメニューあり
  • 予算は~1500円
  • 特徴:店内の礼拝スペースも利用可能。
  • 押上店はスカイツリーの目のまえにあり。(営業10:00~21:00、座席71席

 浅草店はたったの20席!!!休日は激戦区となりそう。待つことも視野に入れて挑もう!

どんなメニューがあるの?
  • 浅草バーガーセット(ビーフ、ベジタブル、フィレオフィッシュ)+サイドディッシュ+ドリンク ALL1300円
  • ピザ(ベジタブルマルガリータ、サラダピザ)など 1100円~1200円
  • サラダ 650円~800円
  • セカイカフェ オリジナルスウィーツ(豆乳プリン、クリームブリュレ、コーヒーぜりー、豆腐ガトーショコラ等400円前後)
  • モクテル(ノンアルコールだけど、カクテルのような見た目の飲み物)フルーツのフラッペやソーダ水 ALL500円
  • ドリンク(HOT,COLD) 400円~600円
  • アルコール(ビール、ウィスキー系、酒・梅酒系、ワイン、炭酸系カクテル) 600円中心に、500円~1200円

 

 

オーガニックレストラン かえもん 浅草本店

  • アクセス:銀座線浅草駅から徒歩2分 東武スカイツリーライン 浅草駅からすぐ!
  • 営業時間:ランチ  11:00-15:30 (水-月) (L.O.14:30)、ディナー 17:00-20:00 (水-月) (L.O.19:00)
    火曜定休。
  • 学芸大学駅にもあり。
  • メニュー:ハラール認証取得、ベジタリアン・ヴィーガンメニューあり
  • ランチ予算:1600円~2100円
  • 特徴:肥料や農薬未使用の自然栽培野菜など安全な食材から作られたヴィーガン料理のブッフェスタイルハラール認証取得。【イスラム教、ユダヤ教、仏教の食事にも対応】

 

 

 

新宿のビーガン&ベジタリアン レストラン🍴

新宿も観光客に人気のスポットですね。西口の都庁展望台は朝~夜間まで無料解放されているので、午前中に富士山を目指すか夕暮れから夜景を目指して展望台へ向かうか、自由自在ですね。

都庁展望台へ向かった後、向かいの新宿中央公園から都庁を撮影してはいかがでしょうか?都庁の全景が入るお気に入りの記念撮影ができるはず♡

個人的に、新宿は夕暮れ時から夜にかけて観光するのが楽しいと思います。

徐々にライトアップする新宿西口の高層ビル群の間に身を置くと、『いかに自分がちっぽけな存在か?』とくだらない悩みなど吹き飛んでしまうパワーが、西口高層ビル群にはあるようです。歩きながら東京モード学園の未来的な建物もチェックしてみて!

新宿西口へ着いたら、思い出横丁(しょんべん横丁)でザ昭和・ニッポンの酒場を眺めるのも愉しい。がしかし、お店の撮影は許可が必要!勝手に撮影すると、店主のゲキが飛びますぞ!

新宿東口は、やっぱり歌舞伎町のゴジラ、ドン・キホーテ、ロボットレストランでしょう。撮影天国です♫

 

ただし、その奥にあるゴールデン街は、勝手な撮影は厳禁!!! 

 

 

新宿観光の途中で、ビーガン&ベジタリアンのお店を探す!

 

アインソフ(新宿店)

 

チャヤマクロビ 伊勢丹新宿店(レストラン街)

  • 店舗は新宿の他に、日比谷シャンテ、汐留にあるマクロビカフェ&レストラン。
  • 伊勢丹新宿店にはテラスが併設。晴れた日は、テラスランチも☀
  • 営業時間:11:00~22:00 伊勢丹新宿店の営業時間に準ずる。
  • メニューは、ワンプレートランチ2000円前後、チャヤマクロビコース2950円。

他にもこんなお店が!

農家の台所 新宿三丁目店

有機野菜食べ放題のお店。ベジタリアンメニューあり。銀座店もあり。

 

 

原宿・表参道のビーガン&ベジタリアン レストラン🍴

原宿は、モダン・ジャパンを観たい外国人観光客で溢れていますね。未だに、『竹下通りでゴスロリファッションを求めてくる』観光客もおりますが、竹下通りのゴスロリは今ではレアな存在です💦それから、もし運よく『ゴスロリ』もしくは『ロリータ』少女を見かけても、無断撮影は厳禁です🚫

原宿観光は、明治神宮参拝から。土日は結構な確率で、和装の花嫁さんを見かけることができますよ。ジャパニーズ・ウェディングをもし、ゲストさんに見せることができたら、その日のガイドの成功を勝ち取ったというもの。それだけでもう、外国人観光客は感謝してくれるはず(*''▽'')

その後竹下通りで、お間抜けな日本語Tシャツをお土産に選んだり、明治神宮前のスタバ@東急プラザ おもはらの森でカフェ休憩も和みますね。

 

表参道はまったり歩くだけで、愉しいですね。このあたりは、表参道・裏原宿・キャットストリートを散策してみましょ。そして、ザ日本のお土産に大人気のお店と言えば...表参道に大昔からドッカーンとそびえる怪しげな外観『オリエンタルバザール』でしょうか。和小物から、浮世絵、和家具、キモノまで何でも来い。しかも、広いっつ!日本人にはちっとも魅力を感じないお店ではありますが、、、外国人にとては夢のお店かもしれません♡

 

 

原宿・表参道 観光の途中で、ビーガン&ベジタリアンのお店を探す!

 

♢クレヨンハウス 東京店B1F オーガニックレストラン「広場」

  • アクセス;表参道駅徒歩3分。

  • 特徴:「旬の有機農産物を、たっぷり食べていただきたい」 がコンセプト。
  • ランチタイム:平日11時~14時(お料理は14時30分まで)、 土日祝日10時30分~14時
  • メニュー:ランチバイキング1,500円 、ティータイム(14時40分~17時30分)【カレー、トマトスパゲッティ、飲茶セット各1512円~】

 

ブラウンライス・キャンティーン

  • アクセス:表参道 クレヨンハウスのそば。神宮前5-1-8
  • 営業時間:月曜日~金曜日 11:30~18:00
  • メニュー: 有機野菜を中心とした和食。ベジタリアンメニューあり。

一汁三菜 ¥1,700(税込)

日替わりの主菜一品、惣菜二品、漬け物などを一皿に。ふっくら炊きあげた玄米ご飯と伝統的な製法で造られた味噌を使用した味噌汁。

旬野菜のせいろ蒸し膳 ¥1,700(税込)

産地直送で届く新鮮な季節野菜をせいろで皮ごと蒸しあげました。自家製のぽん酢と胡麻味噌たれで。玄米ご飯、味噌汁、ぬか漬け、副菜一品。

季節野菜のカレー ¥1,500(税込)

季節の野菜と豆をオリジナルブレンドのスパイスでじっくり煮込んだカレー。付け合せ二品。

 

 

hanada-rosso

  • コンセプト:

公式サイトより

花田美奈子監修のもと、洋食、和食、中華等ジャンルにこだわらないお食事をカジュアルなカフェ形式で提供。
動物性の素材を使わずに、美味しく、彩り良く、肉食の方にも満足いただける様なメニューを開発。
マクロビオティックでも独自路線を走り続ける、ハナダ式玄米菜食カフェ「ハナダ・ロッソ」をお楽しみください。

  • ベジタリアンメニューあり、英語メニューあり
  • アクセス:原宿駅より徒歩1分。

  •  ランチメニューは、100%野菜で出来ている『ハナダランチ』(2000円)、『原宿ベジハンバーグ』(1500円)など

 

 

随時、レストランのまとめを更新していきます。ちょくちょく覗きにおいで下さいまし<m(__)m>

 









\ シェアしてください /

-観光ボランティアガイド
-

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.