Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

東京観光

GWは混雑知らずの超穴場へ!高尾の絶景 鯉のぼりとパワースポット・多摩御陵で癒されよう♬

更新日:

こんにちは、かりんです。

GWはどこも混雑していて出かけたくなーい(;´Д`)

という方へ朗報です。JR(京王線)高尾駅から徒歩圏内で気軽に行ける、観光地化していないけど『わざわざでも、行ってみたい!癒しの絶景スポット』を紹介したいと思います。

そう、今日のテーマは鯉のぼりスポットです。

 

 

ところで、ドラマ『遅咲きのヒマワリ』オープニングで映った"四万十川"は、絶景鯉のぼりスポットって、知ってましたか?

 

遅咲きのヒマワリ ~ボクの人生、リニューアル~  Wikipediaより

  • 2012年10月~12月(10回)
  • フジテレビ、共同テレビ
  • 生田斗真、真木よう子、桐谷健太、香椎由宇、木村文乃、榎本祐、国仲涼子 他
  • 高知県四万十市の四万十川周辺を舞台とする男女7人の青春群像劇
  • 第67回文化庁芸術祭 テレビドラマ部門 優秀賞受賞
  • キャッチコピー「美しくなんて、咲けない。」「僕らの価値って、何ですか。」

 

俳優陣も良いし、四万十川の景色も壮大なこのドラマ、青春時代にありがちな『鬱屈した感情』が丁寧に描かれていて、とても良いドラマです。

四万十川のオープニングがこんな感じで、ちょっとイイんですよ。

 

こんな大自然に囲まれた四万十川は、有名な鯉のぼりスポットでもあるようです。詳しくは、四万十町の公式サイト『鯉のぼりの川渡し』という記事もどうぞ。壮大な四万十川を横断する鯉のぼりに、圧倒されます!動画も紹介されてますよ!

 

新宿から1時間以内でいける鯉のぼりスポット、南浅川の鯉のぼりを見に行こう♬

 

長房ふれあい端午まつりについて

南浅川を挟んで千匹の鯉のぼりが泳ぎます。桜の季節は、川沿いが一面の桜スポットに。鯉のぼりの季節には、遅咲きの八重桜が見られます。

 

開催期間

4月下旬~5月5日まで(期間は毎年、少し変わるようです)

 

鯉のぼりスポット アクセス

JR高尾駅南口から1km超。徒歩20分~25分の距離。

JR高尾駅南口を出て、国道20号を右へ直進。銀杏並木をずんずん進みます。新緑の季節はもちろんのこと、紅葉の季節も気持ちの良いお散歩ルートです。

『多摩御陵入口』の信号を目指して、ひたすら直進です。途中右手に小さな『熊野神社』が見えるけど、もう少し進みます。『多摩御陵入口』の信号が見えたら左折して横断歩道を渡り、武蔵領(多摩御陵)墓地参道を直進。参道らしく、広々とした通りです。

直進して間もなく、右手にこじんまりとした陵南公園が目に入るはず。桜の季節は子供立ちの憩いの場になっているんだろうな。

取り合えず、ここ陵南公園お手洗い休憩をしときましょ。30分近く歩くので、木陰の岩に腰掛けて微笑ましい親子を眺めるのもいいですね。自販機もあるので、ここで一服しとくとよいかも。

この公園のま裏が南浅川となり、少しずつ鯉のぼりが見えてきます。

川幅は狭く、とってもローカルな川のようですね。春は一面の桜並木が美しく、新緑の季節も遠くに見える山々を眺めながらの散策も楽しい。道路は2段になっており、写真は下の段。写真右側の土手を少し上ると上の段の道路がある。鯉のぼりや桜並木を、色んな角度からみたり撮影できるのが嬉しいですね♬

4月下旬の週末に行ったら、地元の人たちで密かに愉しんでいる様子が『穴場感』を感じさせた。『ふれあい端午まつり』は地元で長くやっているイベントのようで、よく見ると鯉のぼりも年季が入ってます💦

そして、風がそこそこないと、鯉のぼりが『だら~ん』と縦に垂れ下がっているだけなので、全く面白くありません(;´Д`)

1000匹もの鯉のぼりの大群が、南浅川を幾つも横断していて、とっても長閑な風景。昔ながらの鯉のぼりばかりなので、昭和っぽさが半端ないです。お洒落ではないけれども、ローカルな味わいとてもいうのでしょうか?

世界で知名度を上げた『高尾山』は観光地化しすぎで混雑してツマラナイ!!!という人にぴったりの、素朴な絶景スポットなのでは?

一番の写真撮影スポットが、陵南橋から幾重にも架かった鯉のぼり群ではないでしょうか?遠くにそびえる山々は、ぜひ肉眼で味わってもらいたいものですね。

ちなみに、写真上部のカラフルなミニ鯉のぼりは、幼児さん作。キュートですね

八重桜と鯉のぼりのショットも中々良いもんです。

日差しが強いので、日よけ&UVケアはマストアイテムです!

 

陵南公園を通って、多摩御陵へ

鯉のぼりスポットの次は、パワースポットの多摩御陵へ。徒歩1km弱で行ける距離です。今回は、お花が綺麗な陵南公園の中を散策しながら向かいました。チューリップの花壇が出迎えてくれた。陵南公園は、細長く続くお花が愉しめる公園で、小さな子供たちが水遊びできる場所もある。

写真上部に見える石塀の路を上っていくと、間もなく多摩御陵(武蔵陵)へ到着。大正天皇(皇后)、昭和天皇(皇后)の墓地があります。

参道は明治神宮の砂利道を歩くような自然豊かで、静謐とした雰囲気が気持ちを穏やかにしてくれます。もちろん、とても空いてますが、各所に配備された警備員がちょっとした緊張感を与えてくれますね。

 

敷地がとっても広いので、今回は昭和天皇(皇后)のみ参拝することにしました。とっても静かで、緑が多く穴場癒しスポットでは?と思い、紹介してみました。

多摩御陵からJR高尾駅へは、1kmの距離。健脚なひとならば、何てことのないウォーキングルートですが、バスを併用して散策するのも良いかもしれませんね。

◆南浅川の鯉のぼりまで

JR高尾駅南口から「京王八王子駅」行きバスで「高尾警察署前」下車3分

◆多摩御陵のパワースポットについて、丁寧な記事を見つけたので参考に

「パワースポットの新常識!武蔵野御陵は明治神宮よりもスゴいパワースポットだよ!」独身男のド定番さんより

 

高尾駅南口には飲食店が少ないので、北口へ行く場合は注意!通り抜けは、パスモやスイカではなく、入場券を購入して反対出口へ行くことになります。駅を通らず迂回すれば、北口へいけますが、、、余力が残っている人限定かな

 

以上、GWの穴場スポット「高尾駅から歩いて散策できる絶景鯉のぼり&パワースポット多摩御陵』へ行こう♬でした。

 

 









-東京観光
-

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.