Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

映画、本、雑誌のレビュー

新海誠『君の名は。』を観たあとに。。。オススメ時空映画&時空本📖

更新日:

こんにちは!日曜日に新海誠『君の名は。』を観て、未だ感動覚めやらず、アタマがお花畑の" かりん″です。

ネタばれになっちゃうかな?この映画、時空も絡んでます。

 

『時空もの』って切ないですよね~と、年甲斐もなくキュンキュンしているキモオバです。『時空』と言えば、『タイムリープ』。今年になってスマップのキムタク『タイムリープ』説がTwitterでまことしやかに囁かれてましたね。何でも、キムタクがスマップ解散を阻止するために、未来から何度もタイムリープしてやって来た、とか(笑)

 

ま、そんなことはどうでも良くて、『時空』関連作品ですよ♬

今日は『君の名は。』を観たあとに、もっと『時空もの』で切なく浸りたーい♡とさらなる恍惚の世界にあなたを導きます☆...って、何だか怪しい勧誘みたいね!hahaha

 

元祖・時空もの.....と言えば、やっぱり『時をかける少女』でしょう☆

 

映画 原田知世『時をかける少女』

1983年放映 大林信彦監督 主演 原田知世、尾美としのり他

時かけシリーズの第一作目筒井康隆の原作を元にした作品。2660年の未来からタイムリープしてきた少年一夫と、現代(1983年)の高校1年生和子(知世)が出会い、淡い恋心を抱く切ない時空物語。何度もリメイクされている超名作!!!知世、カワ(・∀・)イイ!!

 

アニメ『時をかける少女』

2006年放映 細田守監督 主演(声)仲里依紗、石田卓也

筒井康隆の原作から、約20年後を舞台に次世代の登場人物を描く。原作同様に主人公の高校生女子1名+男子2名の3人でつるんでいて、そのうちの男子(千昭)が未来からタイムリープして、女子(真琴)との、切なく淡い恋が生まれる時空物語。キャッチコピーは『待ってられない未来がある。』

 

映画 仲里依紗『時をかける少女』

2010年放映 谷口正晃監督 主演 仲里依紗、中尾明慶

筒井康隆原作の『時をかける少女』の4度目の映画化作品。キャッチコピーは『記憶は消えても、この想いは消えない。時を超えて、今、新たな物語が始まる。』

主人公のあかり(里依紗)は、薬学者の母、和子と二人暮らし。主人公の母は、第1作目『時かけ』のヒロイン和子である。次世代の時空物語。今回は、娘のあかり(里依紗)が、母和子の恋した『一夫』へ会いに1972年へ遡って、タイムリープした時の物語。1970年代の昭和の世界にどっぷりつかれますよ~。この時空物語もやっぱり、切ないのだ。

 

筒井康隆の原作『時をかける少女』と、オモシロSF短編集

筒井康隆を初めて読んだのは、学生時代の『時かけ』作品から。『時かけ』は、結構大真面目に書いておりますが、その他の筒井作品は、今読むと古臭さもあるけど、気軽に読めてプププッと思わず吹き出しちゃう面白さ。1977年作品のSF短篇集『ミラーマンの時間』も、『時かけ』同様にジュブナイル小説として、オススメ。『ミラーマンの時間』の短編集の作品群は、切ないと言うよりはオモロイ。夢があります☆わくわくします。

1970年代のニッポンは、明るい未来を描いていたんだろうな。。。と想像してみたり。

 

永遠の時空の名作と言えば、やっぱりハインライン『夏への扉』でしょう。

アメリカのSF作家 ロバート・A・ハインライン著(1956年)

猫SF(猫小説)の代表作と言われ、日本のSFファンに未だ愛され続けている作品。主人公のダン、愛猫のピート、幼く優しい少女のロマンチックな物語。主人公ダンが未来へ行く手段は、なんと30年後、冷凍睡眠にて!読後感が、何ともいえない爽快感☆

夏になると何度でも繰り返し読みたくなる、愛すべき本書。

 

湿っぽいレトロ時空作品は『ある日どこかで』

1980年のアメリカ映画。リチャード・マシスンのSF小説の映画化。主演 映画スーパーマンで有名になったクリストファー・リーヴ

『カルト古典』映画としてマニアに人気。2010年『午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本』にも選ばれた!

主人公コリア―が、1980年に旅先で宿泊したグランド・ホテル。ホテル内の歴史資料室で、若く美しい女性の写真(1912年当時の女優)に魅せられる。女優エリーズのことが頭から離れないコリア―は、何とかして時空を超えて、1980年からエリーズの時代(1912年)へ遡る。あり得ないけど、映像が美しくロマンチックなので、引き込まれてしまう。

映画を観たあと、原作を読むとさらに物語に浸れます。

 

いかがでしょうか?秋の夜長にどっぷり、時空を超える物語に浸ってみませんか?

かりん猫
紹介した全ての作品は、ちょっと切ない気持ちになりたい人、ノスタルジックに浸ってみたい人にオススメの作品ばかりを集めてみました。

 

スポンサーズリンク

[ad#ad1]

 









-映画、本、雑誌のレビュー
-

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.