Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

生き方

オンナ40代、若々しさをどこまで追い求めるべきか?!

更新日:

こんにちは❢ 40半ばを過ぎてさらに、若々しさへの憧憬が強まってきた 美活好きの "かりん"です。

今日は自虐的&ちょっぴり毒のある記事を書きますねm(__)m

 

40代は不惑の年といわれるように、ホルモンバランスが乱れ、身体の衰えを実感する年代のようです。日々若さが失われていく感覚、初老の扉の入口に立っている自分を認めたくない!!!

そんな崖っぶちの第一段階に直面した時、人はどういう態度に出るのか?

①老化を食い止めるために、精いっぱい若さにしがみついてみる!

②いさぎよく老いを認めて、自然に身を任せてみる。

 

さて、皆さんならどっちを取りますか?

 

幸い、まだ目立った老化現象もなく、『若さにしがみつかなきゃっ!』という悲壮感はないけども、近い将来、痛いほどに(若さに)しがみついちゃうんだろうな...と想像できます。

 

アンチエイジングをどこまでやるか❓❣

 

ワタシにとっては、結構悩ましい問題です。芸能人でもなし、セレブでもなし、ましてや容姿が商売道具になっているわけでもなし。ワタシが綺麗になって喜ぶのは。。。ご近所さん、馴染みの飼い猫さんや行きつけのコンビニ店員でもなく、もちろん夫でもなく、ワタシ自身なのだから。

そう、40オンナのアンチエイジングは100%自己満足です☆

 

長いつき合いの女友達と、若さへの価値観が違ってちょっぴりギクシャクした件

ちょっと前、ひょんなことから中年オンナのアンチエイジングについて、意見交換が始まった。

きっかけは、こんな会話から。。。

ワタシ『聞いて~。今日、英語教室の幼児の女の子から「今日のセンセ、おばあちゃんみたい!」と、突然言われちゃったよ~😢ショックすぎる‼』

A子『子供って、コトバの意味を何も考えないで言うものだから、深い意味はないと思うよ

ワタシ『でも、"おばちゃん"を通り越して、"おばあちゃん"はショックだったなあ。でも、確かにその幼児の子のママは若くて美人。おばあちゃんも、上品な美人で50半ばのようだから、しょうがないか...。子供は正直だから、今日の私の服装もおばあちゃんぽかったのかも。』

A子服装って、若さを狙いすぎてもかえって老けて見えるよね。流行を追いすぎてもイタイし。40代は白髪ケアを最低限にして、あとは服装は小ぎれいにしとけばOKなんじゃない?』

ワタシ40代のお洒落は難しいよね~。白髪は油断するとすぐ目立ってきちゃうし、ホントに面倒だよねー』

A子『私がイタイと思うのは、夏に日焼け予防のために、【日傘+アームカバー+マフラー】をつけて外出している人たち!何もそこまでやらなくても!!!かえって暑苦しいよ~

ワタシ『でも、日焼けした後のケアはホントに大変だから、のちのちシミやシワにならないためにも、しょうがないんだよ~。ちっとも、ステキではないけど、お肌の老化を防ぐには止むをえないんだよ~。私も、似たようなことやってるし...』

A子『あとは、色んな種類のサプリを山のように買い込む女性をたまに見かけるけど、病的だな。。。って思う。自然にしている方が、かえって若々しいのにな~って。』

A子の言うことは、正論で返すことばもないんだけど、ワタシは、日焼け防止に必死になっている女性サプリについ依存しちゃう女性の気持ちも、すごく分かる。もちろん、両者共に極端に走っているから、A子が『痛々しい!』と評したのだけども。

A子は、子育て真っ盛り。美容のことよりも、子供のことが優先事項。そして、天然の美人さん。自然体でも、美しさを保てる恵まれた容姿なので、同じ同世代のオンナでも、立場が違うと『美』への温度差が違ってくるんだな~と感じたわけです。

 

40オンナのアンチエイジングはどこまでがセーフ?美容外科の施術では?

よく母が話題にするんだけど、50代に突入して、ヒアルロン酸を顔に入れ始める友人が数人いるそうで(もちろん、一度注入したら60代になってもヒアルロン酸を入れ続ける)、ヒアルロン酸を入れたら最後、みんな顔がぷくっとお月様みたいに丸顔になり、入れている人の顔印象が同じになるそうです"(-""-)"

だから、分かる人には(ヒアルロン酸を入れてるって)バレちゃうんですって!!!

確かにハリがでて、シワが目立たなくなるけれど、そこまでする必要があるのは、容姿が商売道具になっている人だけで良いのでは?!

個人的には、ヒアルロン酸はアウトです。ワタシはやらないな。。。一生注入していくわけにもいかないし。

アンチエイジングの美容外科で、セーフだと思うのは『レーザーのシミ取り』ですね。理由は、この施術をしたことで、顔印象が不自然になることもなく、お肌が美しくなるから。単発の治療で終わるし。

 

これはセーフだと思いたい☆エステ通い、サプリ、美容食品系

それでは、美容外科のように人工的に手を加えないなら、どんなアンチエイジングでも痛くないの❓

美容健康にお金を惜しまないのは、何もお金持ちのマダムだけではありません。むしろ、小金を稼ぐ兼業主婦が決まったお小遣いから融通して、エステ通いをしたり、美容系サプリを飲んでいるのです☆

そして、ワタシもその一人。

フェイシャルエステの施術料金はピンキリなので、月1万円ほどで習い事のように通えるものから、1回3万-4万円かけて本格施術に通うものもあり。フェイシャルエステに通って、17-18年。フェイシャルエステこそ、継続は力なりを実感しています。私は20代から月イチで通い始めたのですが、『20代こそフェイシャルデビューすべき!』と声を大にして言いたい❢早めにケアを始めた方が、日々の化粧品にお金や手間をかけずにお肌を維持できるはずだから。

サプリは、スポクラやヨガ教室で大々的に提携販売しているので、美意識の高い40代には定着しているのでは?サプリについては、『サプリの効果を信じる人には効くし、疑っている人にはさほど効果が感じられない』と言いますね。水素美人を飲み始めて8か月目...食べても太らなくなったし、お肌のハリもいい。ただし、定価購入で続けるのは厳しいので、今後は水素水サーバーをレンタルするか購入しようと思ってます。わたしは水素と相性が良いみたいなので、今後はサプリの代わりに水素水を飲み続けようと考えてます♡

もっと手軽に、日々の食事の中で流行りの美容・健康食材を摂ったり。これも、身体に良いと聞くと、不思議と美味しく感じるんですよねえ。ココナッツオイル、チアシード、キヌア、グリーンスムージーを定期的に摂ってます。身体に良いものを摂ると、他の食事もバランス良いものを摂りたくなっちゃうんですよね~。

逆に、ランチを菓子パンのみで済ませちゃうと、その後も菓子パンやスナック菓子をだらだら食べたくなってしまう(+o+) エスティシャンによると、パン類は麻薬みたいなもので、食べれば食べるほど、もっともっと欲しくなるんですって。あ~怖い怖い。体重増加もあっという間ですし、ね。

 

40オンナは何故、若さや美にしがみつきたくなるのか?

これはあくまでも主観ですが、

○自分がいま、初老の扉の前に立っていることに潜在的に気づいているから。

○このまま放っておくと、坂道を転がり落ちていくように、老化現象にあらがえなくなってしまうから。

○そして、まだ間に合うよ!と自分に言い聞かせるため。

40代はケアをした分だけ、形になってかえってきます。努力が無駄にならない年代なんです。ケアをした人と、しなかった人の差が歴然と分かれるのも、この年代以降ですね。

そして、全くケアを怠ってきた美人さんは、そろそろ地の美しさの効力を失い、『美人さん』から『昔は綺麗だったんでしょうね』の称号に転落する時期でもあります。

 

美魔女が詐欺容疑で逮捕!美に囚われ不幸になっていく美魔女も。

この記事をアップして翌日、タイムリーにもこんなニュースがありました。

美魔女が詐欺容疑で逮捕

今回逮捕されたのは2011年に開かれた第2回「スリム美魔女賞」を受賞した藤川千景容疑者(本名:富田千景 45)。受賞後は「美魔女」として映画やテレビ、雑誌などに度々登場していた知る人ぞ知る有名人だった。

自身が経営するアートギャラリーを兼ねたレストランの家具購入や運営費に使っていた疑いがある。現在分かっているのは650万円で、最終的には2000万円を超えると見られている。

ラインニュースより

さらに藤川容疑者は、自身のブログでの美魔女アピールもしっかり行っていたようで、Team美魔女のメンバーとして目立ち、メディアに起用してもらえるよう45歳になった今でも、必死に美にお金を費やしていたのかもしれません。

兼ねてから、美魔女の努力はハンパなくて、やり過ぎ?!という批判も多かったけれど、この事件を機にますます他の美魔女への評価も一気に下がることでしょう。

若さと美しさに囚われすぎると、逆に自分の首を絞めて不幸になっていく…『美意識について、もう少しペースダウンしようよ。』と警鐘を鳴らしてくれた、そんなニュースでした。

 

アンチエイジングは健康的に、ほどほどにすれば自分も周囲もHAPPYになれるはず

何事もやりすぎは禁物。エステの行き過ぎは、かえって肌を痛ませるので逆効果。病的に若さを追いかけるのも、何だかしんどい。だって、人間いつかは歳を取るのだから、、、自然の流れで。

お金や時間を費やしすぎたり、他者からの目を気にしすぎたり、美にこだわりすぎたりして、悲壮感を漂わせ周囲に変な気遣いをさせちゃう痛いオンナは、全く魅力的とはいえないはず。

なので、いつもマイナス3歳~5歳を意識して、ちょっぴり緩やかに老いを許していくのはいかがかな❓

例えば、45歳の時は、40歳の若さ。55歳の時は、50歳の若さ。65歳の時は、60歳の若さ。.....85歳の時は80歳の若さ。。。というように、同年代のお友達よりはちょっと若い♡

美にこだわりすぎず、でもお婆ちゃんになっても美意識は忘れずに(年を重ねるごとに美意識の価値観をその年代に合わせて!)、緩やかに老いを認めていく☆

そんな年の重ね方をワタシはしたいです。









-生き方
-,

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.