Chantal Dumo ~ささやかな癒しと自由を求めて~

シャンタル・デュモ

旅と街歩き 東京観光

2.22はネコの日。行こうよ、ちよだ猫まつり2016!ついでに猫ブームもまとめてみた

更新日:

先日のNHKあさイチで、猫ブームについて話していましたね。

 2月22日猫の日にちなんで、ねこネコでお腹いっぱいになるくらいの猫づくしで行きますよ!

巷には猫がいっぱい!
 猫本や雑誌、写真集がいっぱい

IMG_20160219_121144-COLLAGE

最近、色んな動物の写真集を見かけますね。その中でも特に、岩合さんをはじめとする猫写真集が人気のようです。

雑誌が売れない時代、販売数を増やすために定期的に猫特集を組む大手出版社の苦し紛れ作戦がニクイ!そして、いつも同じような記事にもかかわらず、つい手にしてしまう猫好きさん達。

IMG_20160219_121155-COLLAGE

各書店でも、猫ブームにあやかって雑貨も陳列してますね。

IMG_20160219_121303~2-COLLAGE

 さらに、巷ではこんな、猫ビジネスが!!!

 

◯レンタル猫のお店で、ネコは飼えないけど、ネコと長時間過ごしたいひとへ

成猫 日帰りレンタル2000円〜墨田区のねこカフェ『ねこの手』

成猫 日帰りレンタル2000円〜

 

◯猫スウィーツ やなかしっぽ屋

自然の材料で作った優しい味。ケーキとドーナツ、菓子パンをミックスしたようなお味。猫のしっぽに似て、色んな模様のスウィーツには、それぞれ猫の名前がついている。美味しくってキュートな猫のしっぽ、食べてみる?

 

通販のフェリシモ 猫部より猫の肉球の香りのする、ハンドクリーム(人間用)

●猫の肉球のようにプニプニしたくなるお肌になれるハンドクリームが作れないかなぁ。

●猫の肉球の香りを嗅ぐと…
「意外にいいにおいがする」「不思議と落ち着く」香りも猫の肉球を再現したいよね! そんなことからプロジェクトは始まりました。

 

 猫だらけの街へ迷い込んでみたいです

死ぬまでには行きたい猫の街まとめ by NAVER まとめ

【猫島】猫ファン必見☆日本全国に存在する猫島情報まとめ by NAVER まとめ

猫島によっては、フェリーで移動するも宿泊施設や飲食店がなく、フェリーの本数もなく、寝袋&食べ物持参で夜を明かすというサバイバルな猫島ステイもあるみたい。それでも、あなたは猫島へ行ってみたいですか?

 

     猫キャラも凄いことになっている!

勢いがとまらない!妖怪ウォッチ ニャン系まとめ by  NAVERまとめ

そして、2/21日曜日、11:00~、13:30~、16:30~ジバニャンが『ちよだ猫まつり』@九段下にやってくる!

最近、子供英語教室の1-2年生に人気のゲームアプリ『妖怪ウォッチぷにぷに』。レッスンが始まる前にワタシのスマホで、猫妖怪の画像見せて!と言われて検索したら、ジバニャンの仲間が物凄く増えてびっくりした!

子供って、妖怪ウォッチのキャラ数百種類の名前を全て暗記していたり、好きなことなら幾らでも記憶できるのですね?!これだけの情熱を勉強に注げたら、パパママも大喜びなんでしょうけど...。

 

ちよだ猫まつり初日へ行ってきた(=^・^=)

2/20の昼下がり大雨の中、ちよだ猫まつり@九段下へ行ってまいりました。

 ちよだ猫まつりって何?

IMG_20160220_195504-COLLAGE

○行政とボランティアが協働で「飼い主のいない猫」の問題に取り組み、全国に先駆けて「猫の殺処分ゼロ」を実現している千代田区

○地域ぐるみで猫問題に取り組み、また「ちよだ猫まつり」を大手企業や社団法人が協賛・後援している。

○ちよだ猫まつりは、恵まれない猫を救うためのチャリティーイベント。

○2016年は2/20と2/21の週末開催@九段下・千代田区役所内。もちろん、入場無料だニャ!

 

 どんな催し物があるの?

○1Fイベントスペース

●コンサートや、猫についてのトークショー。詳しくは「ちよだ猫まつり」サイトを見てニャ。

うちの猫写真自慢コーナー 投票しよう♪で、お気に入りの猫に投票しよう♡

○1Fアートスペース

佐藤法雪先生と猫科生徒の猫人形の展示、販売

○4Fワークショップ

●写真家八ニー先生の猫写真教室、青木恭子先生のフラワーフォトフレームで「大切な家族を飾ろう」教室(共に事前予約制)

●ちよだニャンとなる会による「猫の譲渡会」

生後3か月から満10歳までの猫たちが、新しい家族を求めている。当日は面会・申し込みのみ。事前予約は不要

 

 人気のイベントはやっぱりコレ!

 佐藤法雪先生「リアル猫ヘッドアートプロジェクト」

IMG_20160220_160742~2-COLLAGE

1日先着100名(当日整理券発行)参加費500円で、猫ヘッドをつけてお好きなポーズで写真撮影☆

整理券はすぐ完売し、写真待ちの人々が長蛇の列となっていた。みんな猫になりたいんだニャ。きっと、ニャイス(nice!)な写真が撮れたはず。

 

 ソプラノ、ピアノ、ヴァイオリンによる「猫を歌うミニコンサート」

会場中に美しい音色&歌声が響きわたり、かなり癒された。

IMG_20160220_153925~2-COLLAGE

 

 佐藤法雪先生と猫科生徒の猫人形の展示もすごかった!

IMG_20160220_160353~2-COLLAGE

受付の生徒さんに色々お話しが聞けました。猫人形の作成は、生徒さんだとカルチャー教室3~4回で一体作れるそう。また、カルチャー教室の生徒さんが作れるのは、小さな人形のみ。大きい人形は針金を中に通して難しいので、先生の作品です。猫の目は、テディベアの目と同じだけど、猫の目らしく色を付けているんだって。それぞれ、動きがあってリアルな猫たち。ニャンダフルな出来ばえでした🐱

興味がある人は、日本羊毛アート学園・猫科で本格的に佐藤法雪先生に教えてもらえますよ。

ちょっと気になる出店は?

●16時にはすでに完売してしまった、猫どら焼き!茶色の肉球・ピンクの肉球・猫顔、3種類のねりきりや饅頭も売っていたそう。食べたかった( ;∀;)

●500円の猫タロットで占い鑑定、500円の猫みくじ人形

●にゃんこ堂ブースで、ねこイラストを即席で書いてくれるコーナーも大人気!あなたの猫をスマホ画像から描いてくれる、世界でひとつだけのイラスト☆ポストカード大の大きさでワンコイン!

●猫グッズがこれでもか、これでもか~というほど出店!バッジ、Tシャツ、アクセサリー、猫まんじゅう人形、ニャンドール工房の猫人形、ステーショナリー、布バッグなどなど。ちょっと高めだけど、『売り上げは猫を救う!』がモットーなので売れ行きも上々みたい。人気商品は早めに売りきれちゃうので、急いで〜!!!

●猫のおもちゃ、ネコソダテさんの猫の首輪が洋服の襟のようなデザインのもの、キャットフード、猫専門・神保町にゃんこ堂書店キャットPaPaさんの猫葬儀グッズなどなど。

 

 コレをゲット!

IMG_20160220_195145-COLLAGE

●猫ちゃんペンケース800円、猫とおやじのポストカード200円。

●猫まつり入場時に、猫バッグと通販情報誌「PEPPY」やチラシなど。

●ちなみに三省堂・猫フェアで、猫は魔術師『ねこ新聞』監修800円、猫写真家の岩合光昭氏『イタリアの猫』630円を購入。猫は魔術師は、著名人の飼っている猫のエッセイ集。ほのぼのするニャあ。イタリアの猫は、写真集➕エッセイ。岩合さんの撮る猫は、いつも良いポーズ、表情をしている。

 

 休憩場所

パン屋さんが併設されているので、パンとカフェオレを買ってロビーのテーブルでゆっくり寛げる。猫チョコパンに癒された。

 

 ちよだ猫まつりで、考えさせられたこと

ちよだ猫まつりへ行く前は、

可愛い猫ちゃんに会えるかも?猫のゆるキャラと記念写真を撮って癒されたい☆

と、わりに軽い気持ちで出かけてみた。けれど、会場に足を踏み入れた瞬間に、

あ~楽しかった♪猫ってやっぱり可愛いニャン🐱では終わらない、まじめに猫を愛する人のためのチャリティーイベントなのだ!と深く考えさせられた。

猫を飼うならば責任を持つべき。人と猫が穏やかに共生できるようにするには、どうすれば良いのか?飼い主のいない猫を減らすために、できることを少しずつやっていこう!という活動を推進するために、真剣に取り組んでいるのが伝わってきた!

いつかは猫を飼いたい!でも、その前に大切なことを教えてもらえた☆そういう深みのあるイベントでした。

 

さらに、ルームウェアで猫気分も温かくて気持ち良さそうで♡

 

2017年も猫とブログ『シャンタル・デュモ』をよろしくお願いします(=^・^=)

 

スポンサーズ リンク

[ad#ad1]









-旅と街歩き, 東京観光
-

Copyright© シャンタル・デュモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.